専門学校に通って保育士になりたい!どうすれば?!!

  • 保育士養成の専門学校の魅力

    • 保育士養成の専門学校の魅力は就職率が極めて高いことです。


      この背景には二つのことがあります。

      保育士専門学校の情報をお知らせいたします。

      まず第一に、専門学校では専門的な知識を集中的に教え、学生は保育実習等も経験するため、卒業後、保育士として就職した時に即戦力になります。



      そのため、専門学校生対する保育現場からの求人のオファーは非常に多いです。


      第二に専門学校には様々な保育現場で活躍する人が非常勤講師として招かれ、教鞭をとっていることから、学生自身が自分にあった職場を見つけて確実に就職できることです。



      保育現場と一口に言っても、保育所や認定子ども園と言った通所型、児童養護施設、児童心理治療施設や児童自立支援施設などの入所型の児童福祉施設が挙げられます。


      この他、発達に課題のある子どもや障害児を対象とした放課後児童デイサービスなどもあります。これらはすべて保育士が活躍できるフィールドです。


      保育士を養成する専門学校は、学生に様々な保育現場を知ってほしいという思いから、通所型、入所型を問わず、様々な現場で活躍している保育士を講師に招き、学生が現場の生の声を聞き、自分がその現場に適しているのかを考える機会を提供しています。

      また、実際にその非常勤講師が働く現場に実習生として学生を受け入れ、丁寧な実習指導をすることで、学校での学びが机上の空論に終わらず、着実に学生の力となるようにする。
      そして学生はそのようにして培った力を持って、自分の適性にあった保育現場に就職していくのです。