専門学校に通って保育士になりたい!どうすれば?!!

  • 保育士資格を取るなら専門学校もあり!

    • 今は待機児童問題や保育士の給与などがクローズアップされています。

      保育士専門学校は無限の可能性に満ちあふれています。

      昔は保育士の資格を持っていてもなかなか就職先が見つからないという時期もありました。
      ところが今では保育士不足が問題となっています。

      保育の資格を取るのは専門学校や短大で取る人が多いです。特に専門学校の場合は、就職を目標に定めた授業やカリキュラムが設定されている学校が多いので、保育の現場で働きたい人にはおすすめの学校です。


      専門学校では多くの事柄を学びます。座学はもちろんのこと体育やダンス、ピアノ、実技などもしっかりと学ぶことができます。


      専門学校の場合、学校評価は就職率で決まるようなものなので、教師も一生懸命に学生を指導してくれます。
      実習もきっちりと行われているので短大というネームバリューを選ぶか専門学校で仕事に直結する道を選ぶかはその人自身にかかっています。

      保育士の仕事は子どもを見るだけではありません。


      実は保護者との応対や保育士間のコミュニケーション能力も大切なポイントになってきます。



      強調性とともに自発的に行動する力も求められます。



      相手の話を良く聞くことや誠実に対応することも大切です。


      子どもが好きということは大前提ではありますが、大人との対応能力も求められる職種です。

      今は保育園もどんどん増えている地域もあります。
      人材が不足している面があるので、保育現場で働きたい人には売り手市場となっています。
      資格を持っている人がこれからの子どもたちの育成に大きな影響を与えます。