税理士事務所の特徴とは

###Site Name###

税理士の事務所は個人事務所と大規模事務所に大別されます。

個人事務所の税理士はフットワークの軽さが特徴的です。

クライアントに問題が生じた際に比較的速やかに対応を行う事が可能です。
大規模事務所には多数の税理士が勤務しています。複数の税理士が対応する事による安定感が特徴的です。

クライアント自身が税理士に依頼したい内容をまとめる事が必要です。

作業内容には、記帳、月次決算、税務監査、コンサルティング等があります。クライアントの依頼内容に適している得意分野を持っている事務所を選択する事が望ましいです。クライアントが方向性を決定づける事によって、訪問の頻度や回数などを検討する事が出来ます。
訪問は必要な時に必要な回数行う事が費用を節約するコツです。


税理士が記帳を担当する事によって「責任の所在」を明らかにする事が出来ます。
特に起業直後の際は、記帳をプロに任せる事によって本業に集中する事が出来ます。


会社の規模や経営が整ってくるにつれて、プロからアドバイスやサポートを受ける事によってノウハウを社内に必要に応じて蓄積する事が可能です。
情報化社会が進む中ではパソコン(メールやソフトなど)の使用が一般的です。

事務所内におけるネットワーク関係のインフラ整備、スキルなどを確認する事をオススメします。
具体的には書類のデータ化やメールのやり取り等に関する対応有無を把握する事です。


事務所のウェブサイトを確認する事によって、得意分野、料金システム、写真、利用者の感想などを知る事が出来ます。さまざまな情報を得ることによって事務所の特徴を知った上で、実際に逢って判断する事が大切です。

継続的に依頼する事になる為、サービス業である事を認識している事、クライアントに対して一つ一つの事柄を丁寧に分かりやすく説明を行う事、具体的な料金設定を行っている事、事務所やスタッフに清潔感がある事などを総合的にチェックした上で考慮する事が望ましいです。


http://matome.naver.jp/odai/2137750638926442701
http://www.aizawa-office.net/
http://www.shigetsugu-law.com/